もしかして浮気?白黒はっきりさせたいのなら探偵社に調査依頼を

>

やり直したいならどっしり構えて

浮気調査を依頼するということは、相手への信頼度が低くなっているという心の表れです。
反省材料として提示した後は仲良く過ごしたいと考えているなら、依頼後の行動に気をつけましょう。

結果が気になったり疑っているうしろめたさがあったり、なかなか気持ちが落ち着かないかもしれません。
しかし、いつもと違う様子だとむしろ警戒されてしまう恐れがあります。
なるべく平常心を保つよう心がけ、普段通りの生活を送るよう意識してください。

パートナーへの思いが深いほど、嫉妬心も大きくなりがちです。
調査の途中で探偵社から経過報告があっても、全て終わるまでは決して逆上してはいけません。
ただ一緒にいるだけなのに突撃して探偵の存在を明かそうものなら、全ては水の泡になってしまいます。
逆に相手からの信頼を失う羽目にならないよう、慎重に過ごしてください。

覚悟を決めたら探偵社に全てを委ねる

もはや関係修復は不可能だという思いなら、自分が有利になるように気持ちを切り替えてください。
探偵社と密に連絡を取り合い、より確固たる証拠を集めてもらうよう協力してもらいましょう。

特に離婚前提の場合は、多くは慰謝料が発生します。
弁護士が必要になるのなら、探偵社に相談すると紹介してもらえることが結構あります。
それは逆に言えば、弁護士に信頼されている探偵社だという証でもあります。

浮気相手の様々な情報も、探偵社に依頼すれば入手できます。
自身であれこれ調べて足がつくよりプロにお任せして、可能な範囲での準備をこっそり進めましょう。
なるべく優位に立てるよう、周囲にそれとなく根回ししておくとスムーズに決着がつきます。
調査報告書を受け取るまでは、依頼者はポーカーフェイスを通し続けるのが成功の秘訣です。


頼んだからには覚悟を決めて!調査開始後の過ごし方

この記事をシェアする