もしかして浮気?白黒はっきりさせたいのなら探偵社に調査依頼を

>

制裁の度合いから調査内容を考える

どのような内容の調査を依頼するかは、結果を知って自分がどうしたいかによって変わってきます。
調査後の自分の身の振りをある程度決めて、覚悟を持って依頼することをおすすめします。

浮気調査は基本的に、自分が優位に立つための証拠集めとして実行するものです。
パートナーに釘を刺す材料に留めておくのなら、浮気相手と一緒にいる写真くらいでも事足ります。
関係を匂わせるメールのやり取りの確保などでも、そこそこの効果はあります。

しかし、離婚などを視野に入れて徹底的に闘うなら、それなりの証拠を提示しなければなりません。
裁判も辞さない姿勢であれば、会話の録音や決定的なシーンの写真や動画などが複数必要です。
証拠を目の当たりにしたときの自分の精神的ダメージも考慮しながら、調査内容を決定してください。

行動を把握した上で調査して確率アップ

ただやみくもに調査を依頼しても、証拠は簡単に集まらず費用がかさむ一方です。
浮気をしていそうな日時の目星をつけてからお願いすると、より確実になります。

何となく浮気の可能性がありそうだという程度なら、その旨を探偵社に相談しましょう。
その場合は、どのような場面でそう感じたのかをなるべく客観的に説明してください。
良心的な探偵社であれば、最もコストを抑えられて効果的な調査方法を提案してくれます。

浮気を確信しているならば、生活パターンからパートナーが浮気をしていそうなときを洗い出します。
残業が続いたり飲み会が増えたり、急な出張などが特に疑わしい行動です。
事前に動きがわかっていれば、いかにも怪しいときを狙って依頼すると成功率が高まります。


結果についての相手への対応を決めておくのが重要

この記事をシェアする